• 東広島の社会人劇団、芝居空間侍エレクトリカルパレードのHPです!

    侍エレクトリカルパレードが贈る、汗と涙と笑いのハチャメチャ時代劇!!

     

    ■日 時  2008年6月14日(土)・15日(日)

    ■場 所  西条プラザ大ホール

    ■作   森新太郎

    ■演 出  森新太郎

    ■出 演  門脇裕実、森新太郎、林田泰行、平川貴大、浅井真耶、小林達矢、森綾子、武市啓希、柴田裕美、加藤智千 ほか

     

     

    あらすじ

    むかしむかし、世界には人の国とあやかしの国があった。人とあやかしは永きに渡り血で血を洗う戦を繰り返していた。
    しかし、ある時、他人の国に現れた三人の英雄により、あやかしの国は滅ぼされる。
    あやかしと人の因縁めいた歴史が終わりの時を迎えたかに思われた。

    そして、十年後。

    北の村、1人のみなしごの少女がいた。
    名を『なよ竹』。
    足に不思議な銀の紋様を持つ少女は故郷の記憶がなく、家族は犬の『トト』だけ。

    ある時、突然なよ竹の前に現れるあやかし!

    そして『玄武』と名乗る女が現れるところから、物語は再び動き始める。

    不思議な女・玄武が言うには、都にいる偉大な陰陽師、円小角(えんのおづの)に会う、全てはそれからだと。
    小角は都に住み、全てを知り、全ての願いを叶える陰陽師という噂。
    疑いながらも、その言葉を信じ、旅立つなよ竹。
    自分を助けてくれた数の数えられない頭の悪い農民「米作」を連れて、都を目指すのだった。